スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飼料米で農業の活路を

★飼料米プロジェクトで日本農業よ甦れ

●農業のあり方を考える上で確かな方向を示している感銘深いものに酒田平田牧場三元豚がある。
 農業、食肉生産、加工分野でトップブランド化し、農業分野で素晴らしい取組をやっている。
 臭わないあったかい。高品質のもの。おしゃれな雰囲気の店舗販売の姿勢に共鳴せずにはいられない。

●飼料米プロジェクト
 庄内には43000ヘクタール、の水田。約3割の12000ヘクタールが減反されている。
 このまま放っておいたら大変なことになる。企業も厳しく、
 地方は疲弊するばかり、地方経済の活性化のためになんとかしなければなれない。

 輸入トーモロコシなどの外来飼料は高値で安定的な確保は難しい。
 国内の減反で飼料作物を栽培するほうが、市場価格の高騰や、将来の食料危機、世界的な不況などの影響を受けない ですむ。

 100万hアールの減反で飼料米を作れば、約700マントンの飼料米が増産できる。
 日本の穀物自給率は27%ー47%にアップするという。

 平田牧場の生産する飼料米をすべての豚に与えておる。

 水田を守る意義もふくめ最も有望なプロジェクト
 伝統を大切にしながら、革新を続ける企業努力は素晴らしい、

●今後の日本農業をのありかたを考える上で、
 欠くととの出来ない視点だと思う。高い技術の日本農業の秘められた力は極めてたかいし、
 意欲をもってて農業経営に取り組んでおられることに
 ことに感銘を受けます。

●先日、日本経団連のトップが庄内の農業を視察し、平田牧場を視察したと聞く。
熱い視線を集めていることがうかがえる。

●一日数万人の飢餓でなくなっているときに,農地の3分の1の田減反している。
自分の国は余っているから減反する。
 もっとも食料生産に適している穀倉地帯が荒れ放題になっている。
 許されることではないとずっと前から憤りをかんじていた。
 本気になって考えるとこんな素晴らしいアイデアがでてくる。
 一筋の光を見る思いでとてもうれしい。

★◆農機具部品、農機具卸値直販。プロの目で選んだ優れ物を安価に
          http://www.agriparts.jp/ あぐりパーツ 白田政志 
スポンサーサイト
プロフィール

taisannboku

Author:taisannboku
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。